すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

柳田悠岐の年俸年収推移と身長や出身高校などプロフィール【野球】

   


フルスイングのバケモノ、柳田悠岐選手。

今年は本当にトリプルスリーも狙える活躍を見せている彼の年俸年収推移はどうなっているのか?それから、身長体重や終身高校などのプロフィール関連についても調査していきます。

今の柳田選手を生んだストーリーなどもご紹介していますので、是非読み進めてみて下さい。

スポンサーリンク

 

柳田悠岐の年俸の推移

 

2011年 1200万円

2012年 1200万円

2013年 1800万円

2014年 3200万円

2015年 9000万円

 

柳田悠岐選手の年俸は一軍定着とともにアップしています。

特に2014年から2015年にかけては、チームの日本一に大きく力になった活躍もあり、
一億円の大台手前まで一気に跳ね上がっていますね。

2015年も前年以上の大活躍をみせているので、来年は間違いなく1億円は超えてくるでしょう。

 

柳田悠岐の身長体重など体格データ

柳田悠岐選手の身長や体重など体格についてチェックします。

身長188cm

体重92kg

 

柳田悠岐選手は188cm92kgとプロ野球選手として理想的な体型といっていいでしょう。

50メートル走5秒55、遠投125メートルをいう球界トップクラスの高い身体能力の持ち主で、オフに自主トレを一緒にする糸井選手(オリックス・バファローズ)は柳田選手について、「たぶん日本人で一番飛ばす。バケモン」と言わせるぐらいのパワーも兼ね備えています。近年では珍しい高いレベルで走攻守揃った、大型選手です。

特にここ2年は飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍ぶりでグングン成長しています。

 

柳田選手の目標は2013年からトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を目指しています。過去に8人しか達成していないこの偉業なのに、公言してわずか2年で達成しそうな所に可能性を感じます。

この体格と身体能力に恵まれた「バケモノ」はどこまで成長するのか楽しみです。

スポンサーリンク

 

柳田悠岐の出身と高校について

 

出身地:広島県広島市安佐南区

出身高校:広島県立広島商業高等学校

 

柳田悠岐選手の出身地は広島県広島市安佐南区。広島県の中心部で市を構成する8つの行政区の一つです。安佐南区の人口はその8つの区のなかで、最多24万人を超えます。

 

出身校である『広島商業高校』は商業科、国際経済科、会計科、情報システム科があり、創立116年の歴史ある高校です。

野球では、戦前の大会も合わせると春・選抜大会で21回、夏・選手権大会で22回、甲子園に出場しています。うち春の選抜で1回、夏の選手権大会では6回もの優勝を誇る野球名門校です。

出身OBには、元プロ野球選手の達川光男氏が有名で、数多くのプロ野球選手を輩出しています。柳田悠岐選手の時代も、2年生の秋に中国大会に出場したのが最高で、夏は広島大会のベスト4で敗退していて、甲子園出場はありませんでした。広島商業自体も2004年以降甲子園から遠ざかっている現状で、古豪復活を楽しみにしているファンも多いはずです。

 

柳田悠岐選手のフルスイングのルーツ

柳田悠岐選手と言えば、豪快なフルスイングが印象的。

少し前でいうと中村紀洋選手がフルスイングの代名詞として記憶に新しいところです。もともと柳田選手は、高校時代の2つ先輩、堤裕次氏(現広島経済大学監督)が話しているように、

「高校1年の時の柳田は、体も細くて、身長も170センチくらいでした。
1年生の中でも目立った存在ではなかった。今とはまるで別人でした。」

sportiva

と言うぐらい、線の細い選手だったそうです。

その後、身長が伸び続け3年生の頃には180cmを越えていて、3年の夏の大会後に当時、広島に在籍していた金本知憲や新井貴浩が通っていたジムに柳田選手も通うようになり、高校卒業の頃には体重が90kgぐらいにまで増えていました。

もともと子どもの頃に所属していた少年野球チームの方針でバットを思いっ切り振る習慣は持っていました。

肉体改造に成功した柳田選手はようやくフルスイングをできる体になったのです。

 

ドラフト後に柳田選手はこんなことを言っていました。

「高校に入ってから途中までは逆方向とかミート中心のバッティングをやっていましたが、
中軸を打たせてもらうようになってからはフルスイングを意識するようになりました。
ただ、今でもフルスイングすることをしっかり意識しないと、ついボールを当てにいってしまうんです。
そうならないように、振り過ぎなぐらい振りにいきますね」

sportiva

よくフルスイングをすると軸がぶれるのでミートを心かけたバッティングをする選手が多いなか、柳田選手はこのフルスイングの方が、しっかりボールをとらえることができるのでしょう。

それができるのも、しっかりとした体幹の強さがあるからこそできる技です。

 

それから、これはテレビ番組で放送されていたのですが、王貞治会長がドラフト会議中に「この中で一番打球を飛ばすやつは誰だ?」と発言。そこで急きょ指名されたのが柳田選手だったそうです。

入団後も王貞治氏は柳田選手にフルスイングすることを指導し続けたとか。

短所の穴埋めではなく、長所を徹底的に伸ばすことで自信もつき、その他の能力も全体的に上がって来る結果を生んだと言えます。

才能+良き指導者との出会い。これが今の柳田選手の活躍につながっています。

 

まとめ

柳田選手は「バケモノ」と呼ばれるぐらいの、球界でも1、2を争うパワーの持ち主。パワーだけではなく、足も速く守備範囲も広い、まさしく走攻守すべてがトップクラスの選手と言っていいでしょう。

またトリプルスリーを公言して、わずか2年で達成してしまう有言実行ぶりには脱帽です。

サッカー選手の本田圭佑選手が代表的なように、有言実行できるアスリートは超一流の証です。まだ26歳と若い柳田選手はこれからの福岡ソフトバンクホークス、いや日本を代表する選手へと
成長してくれそうな予感をさせてくれる選手です。

それとともに、伸びていく年俸を本サイトでも追っていきます。

 - 野球