すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

明石健志の年俸年収推移と身長や出身高校について【野球】

   


ソフトバンクの明石健志選手は度重なる怪我を乗り越え、潜在能力を発揮し始めた有望株。

そんな明石健志選手の年俸・年収や身長、そして出身高校などについて掘り下げます。

スポンサーリンク

 

明石健志の年俸の推移

 

2004年 700万円

2005年 750万円

2006年 750万円

2007年 750万円

2008年 800万円

2009年 1000万円

2010年 1200万円

2011年 1200万円

2012年 2000万円

2013年 3900万円

2014年 3000万円

2015年 4500万円

明石健志選手は2005年、2010年に大きな怪我を2回経験しています。

ようやく本格的なトレーニングをするようになった2012年以降、年俸もアップしているように本来の力を発揮できるようになったようです。

怪我がなければ、もしかすると1億円プレーヤーになっていたかもしれませんし、これから先が楽しみです。

 

明石健志の身長体重など体格データ

明石健志選手の体格データについて。

身長175cm

体重68kg

明石選手は175cm、68kgと野球選手としては小柄な部類の体型ですね。

守備に関しては内野ならどこでも守ることができるというユーティリティプレーヤーです。打撃も自慢の快足を活かし3塁打が多く、プロ初安打も3塁打で明石選手自身もこだわりをもっています。よく68kgの体重でパワー負けせずに長打を打つことができますね。筋肉が非常に強いのでしょうか。

入団前、当時のスカウトが「走攻守3拍子そろった潜在能力の高い選手。次世代のレギュラー候補」と大きな期待を寄せていただけに、今宮選手との遊撃手争いに明石選手自身もなんとか勝って、レギュラーを獲得したい気持ちが強いでしょう。

怪我など度重なる不運がありましたが、ようやくその潜在能力が目覚め始めたところ、勝負はまだまだこれからからです。

 

明石健志の出身と高校について

明石健志選手の出身などについても触れていきましょう。

出身地:北海道旭川市

出身高校:山梨学院大付高

明石健志選手の出身地は北海道旭川市。旭川市は人口は約34万人で、北日本でも仙台市に次いで3位、北海道では札幌市に次いで2番目の市域人口を有する北日本最大の中核市です。

 

出身校である山梨県の『山梨学院大付高等学校』は普通科と英語科があります。特に部活動に力を入れていて、サッカー部、駅伝部、野球部、水泳部、レスリング部が全国大会によく出場するスポーツ強豪校です。

山梨学院大付高等学校の野球部は春の選抜が2回、夏の選手権も5回と甲子園に出場しています。明石健志選手の時代は山梨県大会の3回戦で敗退し、甲子園に出場することはありませんでした。

出身OBには、プロ野球選手では明石選手以外にも松本哲也(読売ジャイアンツ)、内村賢介(横浜DeNAベイスターズ)など現役選手を含め多く輩出しています。

スポンサーリンク

 

明石健志19球で日本記録!?

2012年7月7日の北海道日本ハム戦で9回表2死走者なしの状態、ピッチャー乾真大から1打席15ファウル、そして1打席19球投げさせて四球を選んで出塁したことがあります。

この1打席15ファウルはプロ野球記録で、また1打席19球もプロ野球タイ記録(2人目)といっても、65年ぶり、2リーグ制では初の記録です。

その時の打撃内容は、ボール以外全てファウルというこれまた珍しい内容。鳥越コーチからは「”前に飛ばないTシャツ”を明日から発売やな」とからかわれたそうです。

こんな記録ができるのも、高い選球眼と技術がある明石選手だからこそできる記録。9回2死からでもこれだけ粘るところから、最後まで諦めてない姿勢がとても素晴らしく感じます。投手にとってはたまらない打者ですね。

 

まとめ

明石選手はもともと、非凡な能力を持ちながらも度重なる怪我で、一軍定着が遅れてしまいました。
ですが、ポジション争いが厳しい福岡ソフトバンクホークスの内野陣を勝ち抜くだけの能力と実力を持っている選手というのは間違いありません。最近になってようやく怪我からも解放され、目覚め始めた潜在能力に期待したいです。

活躍すれば年俸も一気に上がる世界。明石選手の年俸についてもこれから当サイトで追っていきたいと思います。

 - 野球