ブンデスリーガ2部の年俸はどれくらい?1部と3部とも比較【サッカー】

サッカー

日本人選手もプレーしているドイツのブンデスリーガ2部の年俸はいくらでしょうか。ここでは、他のリーグの平均年俸と比較して見ていきます。

ブンデスリーガ2部の平均年俸は?

ブンデスリーガ2部は全18チームで行われるリーグ戦となっています。

2019シーズン、日本人選手は原口元気選手(ハノーファー)、遠藤航選手(シュツットガルト)、宮市亮選手(ザンクトパウリ)の3人がプレーしています。

そのブンデスリーガ2部の平均年俸ですが、どうなっているのでしょうか。

2016年、ドイツの経済サイト「Finanzen100」が発表した額によると、45万ユーロになっています。45万ユーロは日本円に換算すると、約5300万円となっています。

 

ブンデスリーガ1部と3部はどうなの?

では、ブンデスリーガ2部の上のリーグと下のリーグだとどうなるのでしょうか。

ブンデスリーガ3部は先ほどと同じドイツの経済サイト「Finanzen100」が発表した額によると、11万6000ユーロになっています。

日本円に換算すると、約1300万円になります。

 

ブンデスリーガになると、その平均年俸はさらに上がります。世界の様々な種目のスポーツの平均年俸を発表している「sportingintellience」によると、2018年のブンデスリーガ1部の平均給与は約158万ユーロになっています。

日本円に換算すると、約1億8000万円になります。

 

2部と1部とではおよそ2倍の差が、2部と3部とでは5倍の開きがあります。

 

まとめ

・ブンデスリーガ2部の平均年俸は約5300万円

・ブンデスリーガ3部の平均年俸は約1300万円

・ブンデスリーガ1部の平均年俸は約1億8000万円

参考:
ブンデスリーガ2部と3部の平均給与
https://number.bunshun.jp/articles/-/827040
ブンデスリーガ1部の平均給与
https://globalsportssalaries.com/GSSS%202018.pdf
ブンデスリーガ2部でプレーする日本人選手

コメント

タイトルとURLをコピーしました