福田秀平の年俸推移と身長体重や出身高校データ【野球】

2015年の日本シリーズ、福岡ソフトバンクホークスはヤクルトスワローズを4-1の対戦成績で破り、日本一に輝きました。

日本シリーズでは主力選手ではない伏兵の活躍もありましたが、その中の一人が福田秀平選手。福田選手はシリーズ全5戦のうち3試合スタメンで出場。12打数5安打 打率417 打点3 四球3盗塁2 という好成績を収めました。

福田選手の年俸推移や身長体重などの体格面、そして出身高校などをまとめます。

[adsense1]

 

福田秀平の年俸の推移

まずは福田選手の年俸推移を見てみましょう。

 

2006年 高校生ドラフト1位(多摩大付聖ヶ丘高) 契約金 7000万円

2007年 720万円

2008年 720万円

2009年 700万円

2010年 700万円

2011年 950万円

2012年 2500万円

2013年 2100万円

2014年 1800万円

2015年 1400万円

 

ドラフト1位で入団するも、中々目が出てきませんでしたが、2012年から年俸も4桁のおうだいにのり若干落ち気味ながらも維持しています。

 

 

福田秀平の身長体重など体格データ

福田選手の体格データをチェックしてみましょう。

 

身長181cm

体重80kg

 

バランスの取れた体です。しかも俊足が売りで、50メートル走のタイムは6秒0、ベースランニング1周のタイムは14秒0 だとか。

野球に限らず、最近の一流アスリートって大きくて速い傾向がありますので、福田選手も期待が持てる才能を持っていますね。

[adsense1]

 

福田秀平の出身や高校は

 

出身地 神奈川県横浜市緑区(現在は青葉区)

出身高校 多摩大学附属聖ヶ丘高等学校

 

福田選手が進学した高校は、東京都多摩市の多摩大学附属聖ヶ丘高等学校。

甲子園出場経験のない高校です。3年生のとき、夏の西東京大会では準決勝で3番を任され本塁打も記録していますが、日大三高に2対10で敗れ、甲子園経験はありませんでした。

しかし、甲子園出場経験がないにも関わらず、大嶺祐太のはずれ1位ではありますが、ドラフト1位でホークスに入団したのは凄いことですね。

ちなみに斎藤佑樹(日本ハム)とは高校時代からの友人でもあり、プロになってからも遠征先で会食する仲であるようです。

 

まとめ

2014年はインフルエンザ感染でスタートし、キャンプに出遅れ、右大腿骨外側膝蓋溝軟骨損傷もあって、1軍出場機会がなかった福田選手。

しかし、今年は84試合に出場。併用起用ではありますが、スタメンで出場する機会が増えました。さらに、日本シリーズでも大活躍。足が速いということもあり、来年は左ピッチャー相手でも数字が残せるようになればレギュラー定着も夢ではなさそうです。

年俸情報も新しく入ったら、追記していきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました