すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

本田圭佑の年俸推移!スポンサー料含む年収や寄付もすごい

   

Pocket

日本サッカー界を牽引し続ける本田圭佑選手。彼はいつも日本サッカーの話題の中心にいて、そして着実にキャリアアップしてきました。本田圭佑選手の年俸推移とスポンサーやCM出演を踏まえた年収について、メスを入れてみたいと思います。

それから、寄付などの慈善活動についてもかなり男前なのが本田圭佑選手ですよ。

 

スポンサーリンク

 

本田圭佑の年俸推移

では早速、本田圭佑選手がプロ入りしてからの年俸推移をみていきましょう。

05年に名古屋入り。高卒ルーキーとして新人C契約の年俸450万円でスタート。08年にオランダ1部VVVと41万ユーロ(当時のレートで約6560万円)で契約。10年のCSKAモスクワへの完全移籍で、約3億円まで跳ね上がりついに7億7000万円を勝ち取った。

初めてプロ契約してから9年で年俸は約170倍になったことになる。

日刊スポーツ

最後の7億7000万円がACミラン入り後の年俸なので、プロ入りからの年俸推移を整理すると以下の通りになります。

 

名古屋グランパス時代

2005年 450万円

2006年 1000万円

2007年 1800万円

VVVフェンロ時代

2008年 6500万円

2009年 6500万円

CSKAモスクワ時代

2010年 3億円

2011年 3億円

2012年 3億円

2013年 3億円

ACミラン時代

2014年 7億7000万円

2015年 7億7000万円

※いずれも税込み金額。グランパス時代の年俸はサッカーJリーグ年俸名鑑より

 

素晴らしい右肩あがりっぷりです。やはり海外に出てからの上昇ぶりがすさまじい。CSKAの契約満了まで在籍したのが少しもったいなかったかもしれないですが、ACミランからは移籍金が無かった部分と日本やアジアの市場開拓のニーズも踏まえてもかなり評価してもらえていると感じます。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーやCM出演料踏まえた年収は

本田圭佑選手が契約しているスポンサーはミズノをはじめ、ベネッセやオリンパス、スカパー、楽天モバイルなどなかなかそうそうたる企業ばかりです。

CMに関してはそれ以外にも出演していますし、年収は年俸の7億7000万をはるかに超える金額になるのは間違いないですね。具体的な数字はフォーブズなどのランキングに乗るくらいになれば分かるのですが、そこまでは行っていないということでしょう。

ただ10億は超えているでしょうから、十数億円付近ではないでしょうか。

ちなみに、世界のサッカー選手の年収は数十億レベルですね。

サッカー選手の年俸年収ランキング

 

積極的に寄付もする本田さんは出来た大人

本田圭佑選手の行動を見ていると、自分の夢に向けて全力投球しつつも常に周りが見えているような気がしてならないんですよね。その証拠というか根拠の一つが「寄付」。

たとえば、東日本大震災の直後は以下のような行動を取っています。

日本代表FW本田圭佑(24=CSKAモスクワ)が東日本大震災の義援金として、5000万円を日本赤十字を通じ寄付していたことが6日、分かった。本田はこの件について一切口を閉ざしているが、関係者によると震災から間もない3月中に個人で寄付をしていたという。

日刊スポーツ

しかも、この時の寄付はこれだけではなくて、本田圭佑選手のホームページに基金を設立して募金を集めたりチャリティオークションを開いたりしてそれも寄付しています。

 

ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)が、1月の全国高校選手権で初優勝した母校・星稜(石川)サッカー部に、サプライズの優勝記念品を贈っていたことが6日、分かった。記念品は何と推薦本5冊。

日刊スポーツ

母校の優勝をお祝いとして、サッカー用具などを寄付するのは何となく分かりますが自身が推薦する本を5冊1セットで部員全員に贈るとはなんとも”粋”ではないですか!

私も友人から本が贈られてきたことがありますが、うれしいものですよ。現金やビールとかよりも凄く考えてもらってるんだなというのが伝わってくる気がします。

きっとこれをもらった星陵サッカー部員たちは必死にサッカーだけでなくさまざまなことに一生懸命チャレンジしていきそうですね。そうすれば、第二、第三の本田圭佑が出るかもしれませんし、他の分野で大活躍するような大物も生まれるかもしれません。こういうサプライズも周りが見えてないとできないことだと思います。

ちなみに、贈られた本5冊の詳細はこちら。

<本田が贈った本5冊>

「アインシュタイン150の言葉」ジェリー・メイヤー&ジョン・P・ホームズ編(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

「マネジメント エッセンシャル版-基本と原則」P・F・ドラッカー著(ダイヤモンド社)

「アレックス・ファーガソン自伝」アレックス・ファーガソン著(日本文芸社)

「成功への情熱」稲盛和夫著(PHP文庫)

「キクタン英会話 初級編」一杉武史著(アルク)

日刊スポーツ

早速私も全て読んでみましょうかね(笑)

 

彼は自分が頂点を目指しつつも、日本のサッカーもしくは世界でサッカーをする人々にとって何か役に立てることはないか?を常に考えているからこそこのような行動ができるのではないでしょうか。

 

このほかにも、CM撮影に使ったサッカーボールを寄付したり、フットサルコートを寄付したり、星陵高校応援団への旅費や宿泊費を寄付したりしているようです。

まだまだ、このような慈善活動も積極的にやっていくでしょうね。もちろん彼なら。

 

まとめ

本田圭佑選手の年俸や年収について調べてきましたが、努力に比例して収入も莫大なものになってきています。今後も右肩上がりに突き進むのか?夢を諦めない本田圭佑選手の姿勢に刺激を受けながら、私も年収を増やしていく努力をしよっと。

 - サッカー