すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

武田翔太の年俸年収推移と身長体重や出身高校を身辺調査【野球】

   


笑顔が売りの次世代エース、福岡ソフトバンクホークスの武田翔太投手。

彼の年俸推移と身長体重、出身高校などについて本サイトでも調査してみました。武田翔太選手の笑顔の裏に秘めた想いについてもお伝えしていきますので、お時間が許す限りこのまま読み進めてみて下さいね。

スポンサーリンク

 

武田翔太の年俸の推移

 

2012年 2600万円(福岡ソフトバンクホークス)

2013年1950万円(福岡ソフトバンクホークス)

2014年 2000万円(福岡ソフトバンクホークス)

2015年 800万円(福岡ソフトバンクホークス)

高卒ルーキーイヤーにシーズン途中から一軍で活躍をみせて、その冬のオフには、高卒新人最高となる150%のアップ率で契約更改をしました。

その後は課題の制球難などで、出場機会が減少で年俸もダウン気味です。これからの奮起に期待ですね。

 

武田翔太の身長体重など体格データ

武田翔太選手の身長体重は・・

身長186cm

体重85kg

武田翔太選手は186cm、85kgとピッチャーとして身長は高い方。

武田選手の投球方法は、オーバースローで投げ下ろす投球スタイルで、上から下へ投げ下ろす角度をつけた投げ方を意識しています。

武田選手と言えば、縦に大きく落差のあるカーブが印象的ですが、縦、横のスライダー、チェンジアップなど多彩な球種を投げることに加え、ストレートも球速が最速154km/hと150km/hを越える速球を投げることができます。

恵まれた体格をフルに活かした投手の一人ですね。

またこれは余談ですが、高校時代から足が痙攣してしまう癖があり、カフェイン摂取制限などをして対策をしているそう。

 

武田翔太の出身と高校について】

 

出身地:宮崎県宮崎市

出身高校:宮崎日大高

武田翔太選手の出身地は宮崎県宮崎市。宮崎市は宮崎県の中央部に位置し、宮崎県の県庁所在地です。人口は約40万人で、九州・沖縄地方で第7番目に人口が多い中核都市です。

 

出身校である『宮崎日大高』は総合進学科と特別進学科、英語進学科、情報ビジネス科、芸術学科があります。

宮崎日大高の野球部は夏の選手権2回、甲子園に出場しています。2015年の夏も甲子園に出場しましたが、1回戦で上田西(長野県)に3-0で完封負けをしてしまいました。

武田翔太選手の時代は3年の夏に準々決勝で負けてしまい、甲子園出場はできませんでした。

出身OBには、野球選手も多く輩出しており、下園辰哉選手(横浜DeNAベイスターズ)が現役でも活躍中。

その他にもバレーボール選手、柔道、アナウンサーやモデル、歌手、お笑い芸人など
多彩なOBを輩出しています。

スポンサーリンク

 

武田翔太のトレードマークは笑顔

武田翔太選手と言えば、「笑顔」が非常に印象的。時折、マウンド上でも笑顔で投げることがあります。

高校野球などではよく見る光景ですが、プロ野球ではあまり投手がマウンド上で笑顔を見せるケースは少ないです。あるインタビューで武田選手は笑顔のことを語っています。

楽しいから笑っているというわけではなくて、「プラス思考」の現れなんです。 例えばエラーが出ても、ピンチになっても「抑えるから、大丈夫!」という気持ちなんです。ピッチャーが不安そうになったり、味方を責めるような表情を見せたりしても、チームにとってプラスになるものは全くないですよね。 だったらと、中学の時から意識してマウンドでは笑顔でいるようにし始めて、今では僕のスタイルとして無意識に笑顔になるようになっていますね。

ぐるなび

笑顔は武田選手のピッチングスタイル。笑顔の裏に隠されるピッチャーとしての役割の自覚、強い気持ちを感じます。

笑顔=ヘラヘラではなく、笑顔=プロ意識というわけですね。

 

笑顔といえば、サッカーのなでしこジャパンも女子ワールドカップでは印象的でした。

自分自身がスポーツを楽しむことでチーム全体が前向きになれる。スポーツの勝敗はメンタル面が大きく左右しますからこれからの時代はアスリートにも笑顔が必須になってくるのかもしれません。

 

まとめ

武田翔太投手は正直もっと年俸が高い選手かと思っていました。活躍しているイメージが強かったのか、年俸を見た時はびっくり。

ただ、2015年は初めて10勝超えを達成しましたし、本人も通過点だと高い意識で努力し続けています。

まだまだ課題の制球にばらつきがあるようですし、本来持っている長身のオーバースローから投げ下ろす速球や大きく変化するカーブ、スライダーなどがまだまだ生かされていないようですが、この制球難を克服すれば、もっと勝利数を伸ばせる実力を確実に持っている選手です。

まだまだ22歳と若いので、これからの成長を見守るとともに、年俸がアップしていく過程を一緒に追って行きましょう!

 - 野球