すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

内川聖一の年俸年収推移と身長や出身高校について【野球】

   

Pocket

日本を代表する安打製造機・内川聖一選手。

2015年もリーグ優勝を早々と決めたソフトバンクの中心選手として、大活躍中の内川聖一選手について。気になる年俸・年収と身長体重などの体格面や出身高校について見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

内川聖一の年俸の推移

内川聖一選手の年俸推移は以下の通りです。

2001年 840万円(横浜ベイスターズ)

2002年 820万円(横浜ベイスターズ)

2003年 1500万円(横浜ベイスターズ)

2004年 1850万円(横浜ベイスターズ)

2005年 2500万円(横浜ベイスターズ)

2006年 2500万円(横浜ベイスターズ)

2007年 3500万円(横浜ベイスターズ)

2008年 3000万円(横浜ベイスターズ)

2009年 8500万円(横浜ベイスターズ)

2010年 1億7000万円(横浜ベイスターズ)

2011年 1億7000万円(福岡ソフトバンクホークス)

2012年 1億7000万円(福岡ソフトバンクホークス)

2013年 1億7000万円(福岡ソフトバンクホークス)

2014年 2億7000万円(福岡ソフトバンクホークス)

2015年 3億円(福岡ソフトバンクホークス)

内川聖一選手の年俸は2009年のWBCでの優勝を期に年俸もグッとあがり1億円越え。ソフトバンクに移籍してからも安定して成績を残し、2013年には4年最大20億円という大型契約を結んでいます。

さすが、日本一のチーム、福岡ソフトバンクホークスの中心選手です。2015年もリーグ優勝を果たしましたし今後どこまで年俸を増やしていくのか?興味は尽きません。

 

内川聖一の身長体重など体格データ

内川聖一選手の身長体重など体格に関して見ていきましょう。

身長185cm

体重93kg

内川聖一選手は185cmと93kgとプロ野球選手として全体の平均を上回る、恵まれた体格といっていいでしょう。さすが人気球団の打線を引っ張る頼れるバッターです。

なんといっても内川選手と言えば、高打率バッターとここぞという時の勝負強さがある印象が強い選手。2008年から2014年まで7年連続で打率3割を越え。そのうち、2008年セ・リーグ、2011年パ・リーグで、首位打者を獲得しています。これは、歴代でも2人目という偉業のようですよ。

しかも、少し意外だったのは、右打者ながら一塁到達まで4.20秒と平均以上の脚力を備えているところ。どうしても打撃ばかりに注目してしまいますが、走も速いのです。安定した打率の理由の一つはこれかもしれません。

大柄で機敏な選手ほどアスリートとして完成された形はないですね。

 

内川聖一の出身と高校について

では、内川聖一選手の出身と高校についても見ていきましょう。

出身地:大分県大分市

出身高校:大分工業高校

内川聖一選手の出身地は大分県大分市。大分県の中心部に位置する大分県の県庁所在地です。
人口は約47万人で、九州内でも福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5番目の都市です。

 

出身校である『大分工業高校』は機械科、電気科、電子科、建築科、土木科、工業化学科などがありますね。ちなみに、大分工業高校の野球部は甲子園に1993年、2010年の2回夏の選手権大会に出場しています。内川聖一選手の時代は高校通算43本塁打を放つも、大分大会準優勝で甲子園出場は叶いませんでした。

出身OBには、野球ではプロ野球選手も内川聖一選手以外にも何名か輩出しており、それ以外では、元バレーボール日本代表の加藤陽一氏が有名です。

スポンサーリンク

 

イップスを克服して開花した内川聖一

イップスという病気をご存知でしょうか?

イップスとは、自分で考えていることが身体に伝わらなくなる精神的な病気です。ひどくなると体が動かなくなったり、自らの意志と全く違う動きをしてしまうそう。

元々、内川選手は内野手。守備も売りだった内川選手ですが、ある試合で二塁を守った時、一塁への短い距離で暴投して以来、イップス状態になってしまいました。

二塁から一塁の距離を投げることもうまくできない状態ということで、何とかイップスを解消すべく、守備の負担を軽くするため外野手へ転向しました。転向後は外野からの送球は距離があるので、イップスも解消され、安定した送球ができるようになり、また精神的な成長もあったのか、打撃面も開眼していきました。

 

スポーツは技術面も非常に大きな要素ですが、内川選手の例を見ても、メンタル面が及ぼす影響というのは本当に大きいと感じます。技術とメンタル、その両方を持ちあわせてこそ一流のアスリートへの扉が開かれるのではないでしょうか。

 

まとめ

内川選手は入団から着実に力をつけて、野球人生のポイントとなるところで、必ず活躍をして、ここまで辿りついています。イップスを克服したこともあり、非常に勝負強いです。

年俸も2001年の840万円から始まり、気づけば3億円に到達。年齢もベテランの域に入りましたが、これからも円熟したバッティング技術でまだまだ若手には負けない内川選手が見れるでしょう。

球界屈指の安打製造機は、これからも着実に安打数を伸ばすとともに、年俸もどこまで伸ばすでしょうか。当サイトでも楽しみにしながら追っていきます。

 - 野球