すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

中畑清監督の年俸と身長や出身高校など豆知識【横浜DeNAベイスターズ】

   


『絶好調男』と言われ現役時代から人気のあった中畑清監督。

監督になった今でも選手からもファンからも人気があり、現監督の中でも人気度・注目度はNo.1ではないでしょうか。

元気過ぎる中畑清監督の年俸はいかに?身長や出身高校などについても掘り下げましょう。

 

※ちなみに、こちらは2015年のデータとなります。

スポンサーリンク

 

中畑清監督の年俸は

中畑清監督の年俸額は推定1億円。

正直のところ、他の監督のコストとパフォーマンスを見る限り、中畑監督の1億円は高いと考えるのが妥当ですね。

このままの成績ですと、監督業継続は厳しいかもしれません。何とか打開策を見つけて欲しいところです。

 

中畑清監督に関する豆データ

中畑清監督の身長や出身校など豆データをみてみましょう。

 

身長:185cm

体重:90kg

 

入団前から上背があり、プロでも通用する立派な体格で注目を集めていました。あらためて数字を見ると、素晴らしい体格ですね。

駒沢大学時代には、300打数92安打(打率.307)、本塁打・10本、打点・51、秋季リーグ最高殊勲選手・1回、ベストナイン・4回受賞。

全日本代表にも2度選出されるなど輝かしい成績を残しています。

 

 

出身地:福島県西白河郡矢吹町

出身高校:安積商高(現・帝京安積高等学校)

 

中畑監督の出身地である福島県西白河郡矢吹町は日本三大開拓地の一地区で人口・約18,000人の小さな町です。

矢吹町で中畑監督以外の著名人は、陸上選手・千葉麻美がいます。ちなみに中畑監督は矢吹町の名誉町民なんですね。

 

中畑監督の出身校である安積商業高校は、1988に私立・帝京安積高等学校に変更となりました。中畑監督の他に、元千葉ロッテ・根本朋久が在籍してました。

スポンサーリンク

 

自分の人生をかえりみず、友達想いを貫く中畑清監督

中畑選手は、福島県西白河郡矢吹町出身、安積商業高校から駒澤大学を経て、1975年ドラフト3位で巨人に入団しました。
この年「駒大トリオ」と呼ばれた、平田薫選手、二宮至選手と共に、ドラフトの目玉として注目され、特に中畑選手は巨人からの1位指名が有力視されましたが、フタを開けてみれば、巨人の1位指名は、銚子商業高校の篠塚利夫選手で、中畑選手は3位、平田、二宮両選手に至っては、どこからも指名がかかりませんでした。

(中略)

そして、平田、二宮も一緒なら入団すると申し入れ、巨人もこれを受け入れました。(2人はドラフト外で巨人に入団)

スポーツナビ

同級生であった二宮氏、平田氏を『彼らはドラフト1位クラス。少なくともオレと同じ条件で入団させてくれ。その条件を受け入れてくれるなら就職はやめて入団します』そう球団へ直訴した話は有名ですね。

もしその条件を球団が受け入れなかったら中畑監督のプロ野球人生も変わっていたでしょうし、人生すら大きく変わっていたはず。ドラフトにかかっただけでも凄いことなのにそれを棒に振るかもしれない局面で、大学の友達二人の入団の世話まで出来るでしょうか?

自分の人生を捨てる覚悟をしてまで友達を想う中畑監督。そんな気心しれた二宮氏がDeNAのコーチに就任。中畑監督にとってこれほど頼もしいことはないでしょうね。

 

まとめ

友達や仲間を大切にするエピソードが絶えない男気溢れる中畑監督。ここまで熱い男がいるのかと思うほどです。

その熱く頼れる人柄や背中に刺激され、今の若い選手も『監督の為に』と持っている能力以上の力が出るのでしょうね。

2015年シーズン当初はDeNAが独走。今でこそ苦戦を強いられていますが能力あるチームなので中畑監督の口から『絶好調!』の雄叫びが聞ける日が近いかもしれません。

 

関連記事

【プロ野球】監督の年俸ランキング2015を一覧にまとめた

 - 野球