フェブラリーステークスの賞金いくら?過去配当もチェック

競馬

年明け最初のJRA・G1レース「フェブラリーステークス」。藤田菜七子騎手に注目が集まっていますが、賞金も当然気になります。そこで今回は、フェブラリーステークスの賞金と過去配当について見ていきます。

フェブラリーステークスについておさらい

2019年2月17日(日)に開催されるフェブラリーステークス。期待の若手女性騎手、藤田菜七子騎手がコパノキッキングに騎乗して参戦することで大きな話題を呼んでいますね。

フェブラリーステークスはその名の通り毎年2月に開催(過去、1999年のみ例外的に1月31日に開催)されるG1レース。

G1レースはJRA(日本中央競馬会)が施行するレースの中で最も格が高いレースで2019年現在24種類ありますが、フェブラリーステークスはそのうちの一つになります。

一年の中で最初に行われるG1レースでもあり、JRA施行のダート重量競争の中では最も古くからおこなわれているレースになります。

前身となるフェブラリーハンディキャップが創設されたのは1984年。

創設当時はG3でしたが、1994年に現在の名称、フェブラリーステークスに改称されるとともにG2に格上げされます。

その後1997年にG1に昇格し、2016年にはブリーダーズカップ・チャレンジの対象競争にも指定されました。

 

賞金はいくら?

昨年度に引き続き1着賞金は1億円

2着以下も同様です。

1着賞金…1億円

2着…4000万円

3着…2500万円

4着…1500万円

5着…1000万円

参考:netkeiba

 

騎手にはどれくらい分配される?

2019年は武豊騎手と藤田菜七子騎手の騎乗にも注目が集まる一戦!どちらが勝っても分配額が気になりますね。

騎手には賞金の5%が分配されるようになっていますので、みごと1着となった場合は約500万円が騎手の手に

競馬の賞金配分は何着まで?生産者と馬主や騎手の取り分は

 

過去10年の配当をチェック!

過去10年間の配当を単勝にスポットを当てて見ていきましょう。

年・勝利馬・払戻し金

2018年 ノンコノユメ    1,070円
2017年 ゴールドドリーム  500円
2016年 モーニン      510円
2015年 コパノリッキー   210円
2014年 コパノリッキー   27,210円
2013年 グレープブランデー 670円
2012年 テスタマッタ    2,430円
2011年 トランセンド    350円
2010年 エスポワールシチー 170円
2019年 サクセスブロッケン 2,060円

例年、単勝だと100円代〜2,000円代の払い戻しとなっていますが、2014年はとんでもない数字に…。

16番人気のコパノリッキーが優勝するという大波乱があった年です。骨折休養明けの成績が振るわず、単勝オッズ272.1倍というものでしたが、最後で粘り勝ちとなりました。

翌年2015年も優勝し、堂々の2連覇となりました。この時はさすがに1番人気での勝利。なので払い戻しも210円という数字になります。

 

まとめ

・フェブラリーステークスは1着賞金1億円

・直近10年の過去配当でもっとも高額だったのはコパノリッキーが勝利した2014年

ちなみに余談ですが、フェブラリーステークス2019で藤田菜七子騎手が騎乗するコパノキッキングとコパノリッキーは同じ馬主の馬になります。風水で有名なDr.コパさんです。

 

■参考

JRA
wikipedia

 

関連記事

藤田菜七子騎手の年収推移!獲得賞金額と成績も見てみた【競馬】

武豊の生涯獲得賞金の総額いくら?成績と平均年収も調べてみた

競馬の賞金はどこから?一番高いレースの金額や税金もまとめてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました