すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

【巨人】契約更新2016状況と年俸ランキングまとめ

      2015/11/28


プロ野球セ・リーグ4連覇を今季逃してしまった巨人。温情?荒れる?2016年度の契約更改をまとめます。

また、出尽くしたところで年俸ランキングもはじき出していきますのでお楽しみに。

スポンサーリンク

 

2016年の巨人軍契約更新状況

今季悲願の4連覇を目指したが、シーズン終盤までもつれ込んだペナントは昨年最下位のヤクルトに奪われ、あと一歩で苦渋を飲みました。

今年も終盤に入り気になる契約更改が始まろうとしてます。

今年は4連覇も逃し優勝査定のない、久々のガチンコでの契約更改になりそうです。

 

今日現在(2015/11/28)の契約更改状況は以下の通り(参考:日刊スポーツ

マイルズ・マイコラス 2億4000万
スコット・マシソン  1億8500万
辻 東倫 710万 50万↑
田口麗斗 1800万 1170万↑
西村健太朗 1億3000万 現状維持
山口鉄也 3億2000万 現状維持
大竹寛 1億 現状維持
高木京介 2770万  700万↑
立岡宗一郎 3600万 2700万↑
内海哲也 4億 現状維持
矢貫俊之 2200万 200万↓
長野久義 1億7500万 2500万↓
阿部慎之助 3億2600万 1億8400万↓
寺内崇幸 2600万 600万↓
戸根千明 2250万 1050万↑
坂本勇人 2億5000万 3000万↑
菅野智之 1億3200万 2200万↑
村田修一 3億 現状維持
高木勇人 4200万 3000万↑
堂上剛裕 2500万 1000万↑

マイコラスはメジャー流出のピンチでしたが何とか残ってくれました。

 

2016年版巨人年俸ランキング

2016年の年俸情報が出揃っていないので、2015年の年俸をまずはおさらいしておきましょう。

阿部 慎之助 5億1000万
杉内 俊哉 5億
内海 哲也 4億
山口 哲也 3億2000万
村田 修一 3億
坂本 勇人 2億2000万
長野 久義 2億
高橋 由伸 1億6000万
スコット・マシソン 1億6000万
フランシスコ 1億4300万
西村 健太郎 1億3000万
菅野 智之 1億1000万
レスリー・アンダーソン 1億
大竹 寛 1億
片岡 治大 9500万
マイルズ・マイコラス 8300万
アーロン・ポレダ 6500万
亀井 善行 6000万
相川 亮二 6000万
井端 弘和 5500万
久保 裕也 5000万
鈴木 尚広 5000万
澤村 拓一 4800万
香月 良太 4600万
金城 龍彦 4000万
アレックス・カスティヤーノス 3700万
實松 一成 3700万
小山 雄輝3500万
フリデリク・セペダ 3500万
寺内 崇之  3200万
松本 哲也 3000万
橋本 到 2800万
矢貫 俊之 2600万
小林 誠司 2500万
福田 聡志 2400万
加藤 健 2200万
高木 京介 2100万
笠原 将生 1900万
大田 泰示 1800万
中井 大介 1600万
藤村 大介 1500万
横川 史学 1500万
田原 誠次 1500万
堂上 剛裕 1500万
江柄子 祐樹 1300万
高木 勇人 1200万
戸根 千明 1200万
宮國 椋丞 1200万
野間口 貴彦 1200万
岡本 和馬 1200万
阿南 徹 1190万
青木 高広 1000万
隠善 智也 1000万
田中 大輝 1000万
今村 信孝 1000万
大累 進 950万
立岡 宋一郎 900万
公文 克彦 900万
北 篤 830万
坂口 真規 790万
和田 恋 750万
土田 瑞起 720万
河野 元貴 670万
辻 東倫 660万
松本 竜也 630万
田口 麗斗 630万
鬼屋敷 正人 600万
平良 拳太郎 560万
吉川 大幾 550万
エクトル・メンドーサ500万
高橋 洸 490万
田中 太一 490万
芳川 康 270万
成瀬 功亮 260万
田原 啓吾 260万
篠原 慎平 250万
高橋 慎之介 250万
田中 貴也 250万
川相 拓也 250万
北之園 隆生 250万
長江 翔太 240万
青山 誠 240万

このようになっています。

5億が2人に4億1人、3億2人と上位はすごいこと。まあ、ここ8年で6回優勝しているとそーなっちゃいますよね。

でも今年は本当に不調の選手が多かった。

昨年も不調の選手が多かったですが、優勝したからそこまで厳しいものではなかったですが、今年ばかりはひさびさの厳冬が予測されますが・・・。

スポンサーリンク

 

年俸合計額から見えてくる球団の経済力

2015年の巨人の総年俸はなんと44.5億円!12球団でダントツの1位!と言いたいところですが
1位は46.3億円でソフトバンクなんですね。一時期前からでは信じられません。

まさかこんな日が来るとは。。。

ただこれは巨人が落ちたというより、ソフトバンクが大盤振る舞いしすぎな感じもしますね。現に3位のオリックスとも8億円近くも差がありますし、まだまだ潤ってそうです。

巨人は来年以降、ベテラン選手から若手への転換期に加え、FAでも目立った動きもなさそうなので総年俸は一段と下がりそうです。年俸が上がりそうな選手は数人程度のようなので。

 

まとめ

高橋由伸選手も引退し監督に就任。チームも大きな転換期を迎えそうな2016年です。

巨人というチームは貢献すれば年俸にしっかりと跳ね返ってくる球団なので、虎視眈々とレギュラーを目指す若手には貪欲になってセ・リーグを盛り上げてほしいですね。

是非とも高橋監督に胴上げを!

 

関連記事

【阪神タイガース】契約更新2016状況と年俸ランキングまとめ

【ヤクルトスワローズ】契約更新2016状況と年俸ランキングまとめ

【カープ】契約更新2016状況と年俸ランキングまとめ

 - 野球