すぽかね

スポーツをお金で切り取るブログ

【野球】イチロー歴代年俸の推移を年度別で一覧化

      2016/11/07

Pocket

メジャーリーグ通算3000本安打という大記録が目前のイチロー。

2015年10月には早々にマイアミ・マーリンズと契約延長を果たし、2016年シーズンには3000本という大記録を打ち立てることはほぼ確実視されていますね。

このまま怪我しないで活躍してもらいたい!そんな気持ちを込めながら、イチローのメジャーリーグでの歴代年俸の推移を年度別一覧としてまとめてみました。

(頑張って海外のサイトから情報をまとめてみましたよ。)

スポンサーリンク

 

イチローMLB年度別年俸推移の一覧

日本のプロ野球時代はマネスポさんにお任せして、本サイトではメジャーリーグ移籍後の年俸推移を一覧にします。

その前に、イチローがメジャーリーグチームと交わしてきた契約歴を簡単にまとめました。

2000年 3年総額1400万ドルでシアトル・マリナーズと契約

2003年 シアトル・マリナーズと4年総額4400万ドルで契約延長

2007年 シアトル・マリナーズとサクッと7月に5年総額9000万ドルで契約延長

2012年 ニューヨーク・ヤンキースと2年総額1300万ドルで契約

2015年 マイアミ・マーリンズと年俸200万ドル+出来高の1年契約

2015年10月 マイアミ・マーリンズとの契約を年俸200万ドル+出来高で延長

参考: excite 日刊ゲンダイ

それでは、メジャーリーグではマリナーズに12年、ヤンキースに2年、マーリンズに2年(目)と渡り歩いてきたイチローの年俸を一覧にしてみましょう。

年(イチロー年齢) 年俸額($) 年俸額(円) 所属チーム
2001(28) $5,666,667 5億6666万 シアトル・マリナーズ
2002(29) $3,696,000 3億6960万
2003(30) $4,666,667 4億6666万
2004(31) $6,500,000 6億5000万
2005(32) $12,500,000 12億5000万
2006(33) $12,500,000 12億5000万
2007(34) $12,500,000 12億5000万
2008(35) $17,102,149 17億1021円
2009(36) $18,000,000 18億円
2010(37) $18,000,000 18億円
2011(38) $18,000,000 18億円
2012(39) $17,000,000 17億円
2013(40) $6,500,000 6億5000万 ニューヨーク・ヤンキース
2014(41) $6,500,000 6億5000万
2015(42) $2,000,000 2億円 マイアミ・マーリンズ
2016(43) $2,000,000 2億円

※日本円は一律1ドルあたり100円で換算

参考:baseball-reference.com

 

イチローの本当の凄さは「プロ意識」かも

40歳を超えてもほとんど大きな怪我なく活躍を続けるイチロー。

13年間での欠場はわずか、42試合しかない。

sportiva

サラッと一言だけ引用してきましたが、これがどのくらい難しいことか。怪我をして戦線離脱する選手が後を絶たない野球界でたった42試合しか欠場していないという事実。もう40代ですよ!

 

スポンサーリンク

 

一般的に40代と言えば、もう運動能力はガタガタ。子供の運動会で走った時が一番その衰えを感じるのかもしれません。

でも、イチローは未だメジャーリーグで億単位の給料をもらいながら活躍している。それは健康な身体があるからこそ出来ることですね。

 イチローのストレッチが始まる。ゴロンと寝転がって、毎日、同じメニューのストレッチを繰り返す。そのストレッチが、あまりにも美しくて、改めて驚かされた。

まず、想像を超える柔軟性。

そして、ひとつひとつの動きの正確さ。

さらに、あり得ないほどの左右対称。

(中略)

しかしイチローだけは、他の選手が周りにいなくなってもストレッチを続ける。自分の決めたメニューが終わるまで、周りに流されることなく、最後までストレッチを続ける。そこに妥協はない。だからケガをしそうなアクシデントがあっても、体が十分、動いてくれるし、ケガを防いでくれるのだ。

sportiva

柔軟体操が美しいとは。。

そんな表現初めて聞きました。でもイチローなら本当に美しいだろうなと今想像しているところです。

毎日地道に身体のケアを自分と向き合いながら繰り返してきたからこそ、これまでの偉業と高い年俸があると感じた一幕でした。

 

まとめ

イチローのメジャーリーグでの年俸推移をまとめて来ました。

全盛期に比べるとかなりのダウンですが、40歳を過ぎても2億円のオファーがある事自体が素晴らしい。メジャーリーグでの記録達成も楽しみですし、今後の年俸推移についても頑張る励みにさせてもらいながら見守っていきたいと思います。

 

関連記事

メジャーリーグの年金!日本人選手イチローが引退後受け取る金額とは【野球】

 

 - 野球